細菌性膣炎薬 クロマイ膣錠

性交渉で細菌性膣炎になり、再発するようになり、クロマイ膣錠で治しました。

私が細菌性膣炎になったきっかけは性交渉からでした。

 

性交渉の翌日、膣に急激な痒みがあり、病院に行くと「細菌性膣炎」と言われ、膣に傷がつきバイ菌がついたとのことでお薬を処方されました。

 

その時はフラジールというお薬を飲んですぐ細菌性膣炎の症状が治まったため安心していたのですが、それをきっかけに、身体に疲れがたまったり風邪で抗生物質を飲んだりするたびに膣が痒くなるようになりました。

 

 

自分ではまさか細菌性膣炎がぶり返しているとは思わず、市販のデリケートゾーン用の塗り薬を使用したりしましたが、市販の塗り薬を塗るとなぜか更に痒みが悪化して我慢できないほどに酷くなるように。

 

痒みのほかに不快な匂いやチーズ状の塊になったおりものも出るようになり、周囲の人に気付かれるのではないかと気になって人に会うのも気が引ける生活でした。

 

チーズ状の塊になったおりものがでるのはカンジダ膣炎と思いますが、、、

 

頻繁にトイレにかけこんではウォシュレットで膣を洗い、しかしまたすぐ再発してくる不快な匂いと痒みとおりものに頻繁に悩まされていました。

 

これはおかしいと思い自分でインターネットで調べてみたところ、体調不良やストレス・抗生物質の服用等で細菌性膣炎を繰り返すことがあるとのこと。

 

過剰な膣内の洗浄も良くなかったようで、逆に膣内の良い菌まで洗い流してしまい、更に症状が悪化するとのことで愕然としました。

 

それからきちんと病院を受診し、専用のクロマイ膣錠というお薬をもらい細菌性膣炎の症状を治めるほか、自分でも再発防止のために生活に気を付けるようになりました。

 

 

疲れをためないように栄養をしっかりとり睡眠時間も十分に確保して、口コミで評判だったヨーグルトを毎朝食べるようにしました。

 

そうしていくうちに段々再発の頻度も少なくなり、今ではすっかり細菌性膣炎とは無縁の生活を送っています。

 

一度、細菌性膣炎にかかると、しつこい再発に悩まされとてもストレスになり、女性としてもとても恥ずかしく窮屈な思いをするようになります。

 

性交渉の際には清潔さに十分気を付けること、疲労やストレスをためないように休息や睡眠を大切にし、健康な生活を送ることが大切なのだと思い知らされた経験でした。

 

(山口県・ATさん)

 

細菌性膣炎の薬クロマイ膣錠がこちらから購入できます。